さまざまな借金

借金とはお金を借りる行為、または借りたお金のことですが、実際にはさまざまな内容が含まれます。
一般に借金があるという場合、思い浮かぶものには、親しい人達の間で気軽に行われる少額のお金の貸し借り、家族や友人などの間で書面を取り交わし返済を約束する借金、消費者金融やクレジットカードからのキャッシングなどがあります。


また、住宅ローンや、起業する時に銀行からまとまった額の借り入れをすることも借金ですし、クレジットカードで買い物をしたり、馴染の飲食店でつけ払いにしてもらったりするのも借金です。
その他にも、より高度な教育を受けるために奨学金を受給することも借金に含まれます(返済の必要のある場合)。


また、国が資金不足により政策運営に支障をきたす場合、国債と呼ばれる債券を発行して、国民らに買ってもらいます。
地方自治体が資金不足に陥った場合も公債と呼ばれる債券を発行します。
つまり、国や自治体が債券を発行することで、それを買う人々に対して借金をするのです。


このように借金というひと括りの中で世の中を観察してみると、その規模や目的は実に多様で、なるべくならしない方が良い借金から、借金することでより大きな利益や成果の期待できる借金まで様々あります。
良い借金か、良くない借金かは、借金をする時の目的、その使い方、そしてそれによって得られた結果によって、判断が変わってきます。


そして良い借金になるか悪い借金になるかの見極めは大変難しいのが常です。


<PICK UP>
消費者金融やクレジットカードから借金をして返せなくなってしまった方達に無料で相談に乗ってくれる法律事務所です・・・借金

Copyright © 2014 良い借金 悪い借金 All Rights Reserved.